二重整形の費用を確認【カウンセリングで病院の雰囲気を把握】

女性

手術方法を知っておこう

カウンセリング

クリニック選びが重要

一重より二重の方が大きな目に見えるため、毎日アイプチやアイテープなどを駆使しているという方も多いのではないでしょうか。アイプチも化粧の一環として楽しめるのであれば良いですが、一重であることが大きなコンプレックスで短時間でも化粧なしに外出できないとなると大変です。化粧の時間や費用の負担はもちろん、精神的な負担も相当なものでしょう。整形手術と言うと大げさに感じてしまいますが、二重を作る手術はそれほど難しくありません。現在の主流である埋没法は短時間で施術が終わり、費用もそれほどかからないため人気が高まっています。埋没法では、まぶたの数か所を細い糸で留めて二重の幅を作ります。多少の腫れはありますが、多くの場合は3日ほどで収まります。傷跡も残りづらく、目を閉じたときにも気づかれる心配はありませんし、万一嫌になったら糸を抜けば元に戻せます。整形したことも気づかれにくいため、アイプチを使い続ける労力を考えると大きなメリットがあります。絶対に元に戻したくない場合や、既に二重だけれど形を変えたい場合には、切開法という術式が使われます。こちらは、まぶたの一部または全体をメスで切って形を作ります。傷を作るので腫れや痛みは大きく、1〜2週間程度腫れが続く場合もあります。各美容整形外科クリニックによってまちまちですが、二重手術の場合、埋没法では5〜10万円程度、切開法では30万円程度がおおよその目安です。支払う費用に比例して結果が良くなるというものではありません。クリニックの口コミやホームページで公開されている施術例などを参考に、信頼できるクリニックを探すようにしましょう。麻酔などがオプション設定になっている場合もありますので、施術前にトータルの費用について確認するようご注意ください。美容整形は、精神的、審美的な改善を目的として施術を行なうことから基本的には自由診療となり、総じてかかる費用は高めになります。眼瞼下垂や逆まつげなどの症状がみられる場合は保険診療の対象となる可能性もありますので、気になる方は保険診療にも対応できるクリニックを選ぶと良いでしょう。また、二重の幅や形は顔のイメージを大きく左右します。今後の生活を送る上で重要なパーツであることを認識し、こちらの希望をくみ取り、親身に相談に乗ってくれるお医者さんを選びましょう。施術前のカウンセリングはとても重要です。しっかりと向き合い、どんな質問にもきちんと応えてくれるお医者さんなら、安心して施術をお願いすることができますね。